2014年

7月

18日

パソコン本体の内部清掃

パソコン本体にホコリがいっぱい溜まると、システムの動きや処理が極端に遅くなったりするって知ってましたか?

 

人間でも同じように、暑い日は頭がボーっとしたり、シャツをバタバタやって熱を逃がしたりしますよね。

 

これって、パソコンも同じでたくさんの処理をしていると、読み込みが長くなり、内部に熱が溜まってファンを回して熱を逃がそうとします。

 

でもこのファンにホコリがぎっしり詰まって居たりすると、うまく放熱処理が上手くできなくなってしまい、暴走したり、フリーズしたり、最悪「ストーンッ」っと電源が切れちゃいます。 (@@)!!

 

パソコン内部にある脳みそ(CPUって言います)は高温になると、目玉焼きが焼けちゃうくらい熱くなるそうです。なので、効率良く熱を外に逃がしてやることが特に重要で、同じ機械であっても、これがしっかりできている機械とそうでない機械では反応や動きが変わってくるんですね。

 

だから、これをやらせて頂くと、パソコンが早くなったとか、調子がイイなんて、大変喜ばれます♪

 

合わせて、ホコリや放熱トラブルによる故障の危険を回避して、パソコンを長持ちさせることにも期待できます。

 

  • パソコンを、ホコリの溜まり易い場所に置いていませんか?
  • 何年も使い続けて、そのままになっていませんか?
  • 最近、パソコン本体から変な音がしていませんか?

 

ぜひ一度、パソコンの内部清掃をご用命くださいませ。<m(__)m>

 

※ご注意ください。パソコンは精密機械ですので、もしこの記事を読んで、ご自分でやられる際は、ひと声かけてくださいませ。