2016年

5月

11日

恐怖!Windows10の強制アップグレードでパソコンがおかしくなってしまった事例。

弊所でもウィンドウズ10にアップデートされてしまったことによる、多くの修理依頼が届いております!

このアップデートには、余りにも被害が多く、プロである自分自身も恐怖を感じています。

最初はお仕事としてお役にたてるチャンスが増えていたので、自信満々に対応をさせていただいておりましたが、ここのところのマイクロソフトさんと来たらアップデートのさせ方がひどいのなんの。。。

 

これってウィルスじゃない??

 

と思わせるような誘導ばかりです。

え??勝手にアップデートがスケジューリングされてるよぉ~~~(><)
え??勝手にアップデートがスケジューリングされてるよぉ~~~(><)

実際にWindows10にアップデートされて、サポート依頼を頂いたお客様に尋ねてみると、

  • 「いつの間にかアップデートされていた」
  • 「アップデートしないと危険だと思った」
  • 「まさかこんなことになるなんて思わなかった」

と残念な声を聴くことが少なくありません。

 

なんで勝手にアップデートするように設定されてるの??

いくらなんでも無理やりな感じが満載です。

 

おいおい、勝手にやるんじゃないよぉ~の図。

これは5月に入って、この誘導に変わりましたね。

驚愕!7月末には無償アップデートが終了するせいか、かなり強引なアップデートになりました。
驚愕!7月末には無償アップデートが終了するせいか、かなり強引なアップデートになりました。

画面回りこそ斬新なデザインになっているものの、これまでのトラブルパターンでは、

  • ウィルス対策ソフトが使用不可になってしまった
  • 保存していたドキュメントファイルや写真が消えてしまった
  • 無線LANやプリンターに接続できなくなった
  • インターネットのブラウザソフトが無くなってる

(ブラウザがEdgeに切り替わり、IEはバックグラウンドに隠されます)

 

という事例は頻繁で、ひどい場合では

 

  • キーボードが打てなくなった
  • マウスが動かない

なんてトラブル事例など、これじゃ使い物にならないケースもいくつか。。。

アップデートを行ってしまっても、旧データを残す設定でアップデートを実施していれば、約1ヵ月間は古いデータも残っており(微妙な範囲で)そのまま以前のウィンドウズに戻せるようになっています。(2016年5月現時点では)

 

もうアップデートしてしまったから、消えたデータは戻らない。。。

なんてあきらめずに、まずは慌てずご確認くださいませ。

「アップデートはした方がいい?」と聞かれて

とりあえず、私の中でハッキリしてお伝えしていることはこうです。

 

『 購入した時から、Windows10が入ってたパソコンならそのままで大丈夫です。ただ、購入した時はWindows7やWindows8(8.1)だったパソコンは、アップデートせずにそのままお使い頂いた方が操作性も変わらず、余計なトラブルに苛まれることもなく安心ですよ。』

 

特に仕事で使われている方にとって、パソコンが正しく機能しなくなると致命的でしょう。

趣味で新しいものを試してみたい方は別として、お客様の使用用途などを見て上記のように

お応えしています。

 

実際にウィンドウズ10にアップグレードされた方のサイト記事。

こちらもとても参考になります。

http://japanese.engadget.com/2016/05/02/windows10/

「アップデートが出ないようにできないの?」

多種多様な方法がある様子ですが、

 

結局のところ現実問題ではできません!!

だから怖い。

 

先人の英知を結集して、どうにかこのマークを出さないように試行錯誤してみましたが、どれもダメでした。一瞬は出なくなったとしてもすぐに復活する様子です。

 

強いていうなら、インターネットに繋がない なんていう答えもありますが、

インターネットもメールもやりたいが為のパソコンの場合、こりゃ本末転倒ですね。

どうやって回避すればいい?

初期段階なら、アップデート告知に×マークが出ていますのでこちらで閉じてください。

段階が進むにつれて、スケジュール設定がされますのでこのスケジュールを解除する。

5月現在のように自動アップデートがはじまる場合は、コントロールパネルの設定から

Windows updateを一旦オフにしちゃいます。

 

こちらの方のサイト記事もご覧ください。とても参考になります。

http://freesoft.tvbok.com/win10/upgrade_tips/cancell_upgrade_2016_04.html

セキュリティの観点から言えば良くない状況になりますが、現状はこれで自動アップデートされないようにしています。

必ずウィルスバスターなどのセキュリティソフトは可動させておいてくださいね。

7月末まで逃げ切る?!しかない??

Windows10の無償アップグレード期間は、2016年7月28日まで。

 

これを過ぎたらもうこうしたアップデート誘導は出なくなるのでは?と予想されますが、実際の所はいかほどか。。。

自分自身もウィンドウズ7を使用して業務を行っている為、知らずにアップデートなんてされてしまったら・・・と本当にひやひやものです。

 

ちなみに、ウィンドウズ7は現在、延長サポート期間で、仕様変更や新機能のリクエストは終了しますがセキュリティ更新プログラムと有償/無償のサポートは2020年1月14日まで提供されますのでまだまだ大丈夫ですよ。

 

ちょっと前にウィンドウズXPが終息したと思えば、今度はWindows10問題。

多くの仕事現場ではまだまだウィンドウズ7が主力のはずでしょう。

 

今も続く、マイクロソフトの恐るべしアップデート誘導には困ったもんです。

今後も動向を探ります。

無防備を無くす為に、セキュリティ対策ソフトを導入忘れず!

個人的にはESET社のセキュリティ対策ソフトが好きで、導入傾向にあります。

動作も軽く、高い検出率、メール通知機能などもあり、未だウィンドウズXP(SP3)にも対応してくれている所がメーカーの優しさを感じます。

消えてなくなる前に、バックアップを!オススメソフト、装置

アクロニス社のバックアップソフトは手軽で安心ですね。ファイルやフォルダ単位で設定できるほか、イメージファイルとしてパソコンの中身をまるごとバックアップも可能です。

そのデータの受け皿としては、2TBくらいの外付けUSBハードディスクがあればだいたい大丈夫だと思います。今の時代、接続はUSB3.0がキホンです。